SCOPIA運用・管理ソリューション

SCOPIA Operation Solution

Avaya SCOPIA(スコーピア)運用・管理ソリューションをご紹介します。
MCU・ビデオ会議の管理・監視・スケジューリングを行います。

Avaya SCOPIA 運用・管理ソリューション

ゲートキーパー・スケジューラー(会議管理ソフト)

ゲートキーパーとはH.323ネットワーク上の端末(ターミナルとも呼ぶ)を管理します。
登録されていない機器の接続を拒否する、文字通り「門番」の機能、また、E.164エイリアスに基づく接続で相手の行き先を教える道先案内人の機能があります。
そしてH.323通信における認証、アドレス変換、帯域制御、課金管理などを行なう機能を持ち、H.323通信の中では中心的な役割を担っています。
スケジューラー(会議管理ソフト)の主な役目は、ゲートキーパーで管理された端末達の会議スケジュール管理や会議運用・操作を主な機能とし、効率よく快適なテレビ会議運用のアプリケーションと言えます。

会議開催も柔軟に対応

会議開催方法は大きく分けて「3パターン」。
お客様やユーザーの運用にマッチした多地点会議開催が可能です。
ビデオ会議開催方法3パターン画像

多彩な画面レイアウト

全24パターンの多彩な画面レイアウト。会議形態や接続拠点数にあわせてお好みのレイアウト表示が可能です。
ビデオ会議画面レイアウトパターン

■Avaya SCOPIA Management

SCOPIA MCUのパッケージソリューション、SCOPIA Managementの機能

  • NO1ビデオ会議のスケジューリング・コントロール・監視
  • NO2端末の遠隔設定・モニタリング・アドレス帳集中管理
  • NO3MCU、Scopia Desktopサーバ、Gatewayの一括管理
  • NO4Microsoft社・IBM社のバックオフィス製品との連携
  • NO5システム利用状況などのレポート作成機能
ビデオ会議管理ソフトウェア Avaya SCOPIA Management

Avaya SCOPIA 運用・管理ソリューション ラインアップ

Avayaビデオ会議製品デモルームのご案内

 

関連情報

お問い合わせ・資料請求

  • Avayaビデオ会議システムカタログ無料プレゼント
  • Avayaビデオ会議システム保守サービス
  • テレビ会議Web会議FAQ
  • Avayaビデオ会議システム問い合わせ
リンクサイト
  • テレビ会議のVTVサイト
  • MCUサイト
  • Web会議サイト