導入事例

株式会社昭特製作所様

日本・イギリス両拠点にAvaya SCOPIA XT4200を同時導入

イギリス拠点とのコミュニケーションにビデオ会議が活躍
活発なディスカッションで業務効率アップとコストダウンを実現

業種
製造業
製品
SCOPIA XT4200
規模
400名~
昭特製作所様イメージ写真

お客様のプロフィール

株式会社昭特製作所様は、放送機器やメカトロニクス機器などをワールドワイドで展開している産業システムメーカーです。
クレーンやペデスタル、三脚といった「SHOTOKU」ブランドの放送機器は、世界中のテレビ局などで使われています。
開発・設計・施策・量産までのすべてのプロセスをワンストップで提供しています。
最近では、これまで蓄積してきたノウハウを活かし、ブライダルなどの新規事業も展開しています。

昭特製作所様ロゴ
会社名
株式会社昭特製作所
事業内容
テレビスタジオ用機器、産業用機械、
電子制御装置、金属材料試験片、特殊
部品/工具/治具の設計製作・販売、
ブライダル事業
所在地
神奈川県川崎市高津区二子6-10-10
設立
1944年12月
従業員数
413名
URL
http://www.shotoku.co.jp/

導入前の課題

  • -Web会議を導入してみたが画質が悪く、音声の遅延や切断などが
    頻繁に起きコミュニケーションに集中できない
  • -定例会議のために海外出張し、時間や経費がかかる
  • -コミュニケーション手段は主に電話やメール。意図が伝わりにくい

導入の決め手

  • -海外拠点へのシステム構築やサポートが日本で一括管理できる
  • -海外パートナーとの連携によるシステム導入が可能
  • -画質やタイムラグが少ない
  • -低コストでシステム導入ができる

導入による効果

  • -多くのエンジニアが気軽に会議に参加でき、生産性が向上
  • -相手の表情を確認しながらホワイトボードの文字も共有できて
    ストレスが減った
  • -英語が苦手な社員でもジェスチャーでコミュニケーションが取れる

主な利用方法

  • -海外拠点との会議・打ち合わせ
  • -経営会議
  • -定例会議
  • -担当者同士のミーティング

株式会社昭特製作所
社長室 取締役室長 花田 堯平様(左)、
社長室 主幹 小峰 史郎様(右)にお話を伺いました。

  • 昭特製作所花田様近影
  • 昭特製作所小峰様様近影

導入背景

海外拠点とのビジュアルコミュニケーションが課題

放送機器やメカトロニクス機器などで知られる株式会社昭特製作所様。クレーンやペデスタル、三脚といった「SHOTOKU」ブランドの放送機器は、世界中のテレビ局などで使われています。昭特製作所様は、ワールドワイドに展開しており、イギリス、中国、アメリカなどにも拠点を設けています。

昭特製作所 花田様写真

「イギリスは、生産・販売拠点ということもあり、綿密なコミュニケーションが必要です。そのため、定例会議や電話、メールなどでコミュニケーションをとってきました。しかし、定例会議のために出張するのも、時間や経費がかかりますし、電話やメールのコミュニケーションだけでは、意図が伝わりにくい問題がありました。それらの問題を解決するため、Web会議を導入してみたのですが、画質が悪く、音声の遅延や切断などが頻繁に起き、コミュニケーションに集中することができませんでした。そこで、よりスムーズに遠隔地とのコミュニケーションを図るため、ビデオ会議システムの導入を検討しました」と社長室・取締役室長の花田堯平氏は振り返ります。

導入の決め手

海外拠点の構築やサポートも対応できるVTVジャパンに依頼

昭特製作所様では、ビデオ会議システムを導入するためにビデオ会議システムメーカーのショールームを訪問し、情報を収集を行いました。その中で、海外拠点へのシステム構築やサポートを実施できる企業が少ないことが分かったといいます。
「構築やサポートの窓口が複数になると、管理・運用上の手続きが煩雑になります。1つの窓口でサポートできる企業を探したところ、VTVジャパンを見つけました」と社長室・主幹の小峰史郎氏は振り返ります。

昭特製作所 小峰様写真

VTVジャパンは、ビデオ会議システムの専門企業で、国内外に多くの実績があります。「海外テレビ会議導入支援プログラム」を使えば、海外拠点へのビデオ会議システム導入をサポートすることが可能で、昭特製作所様のニーズを満たしていたのです。

「VTVジャパンがビデオ会議のスペシャリスト集団ということもあり、安心して相談できると思いました。実際、VTVジャパンのショールームには、いくつものビデオ会議システムが設置してあり、品質や機能などを比較・検討することができました。VTVジャパンとも相談し、総合的に判断した結果、画質やタイムラグが少なく、低コストで導入できるアバイアを選定しました」。

導入による効果

コミュニケーションが円滑になり、生産性向上を実現へ

昭特製作所様 本社ビデオ会議設置風景本社とイギリス拠点のテレビ会議風景。ストレスなくコミュニケーションが行えている

ビデオ会議システムの構築は非常にスムーズに進みました。国内では、既存のネットワークへの負荷を考慮し、ビデオ会議システム専用のネットワーク回線を追加しました。イギリスの拠点では、遅延が起きないように低速な回線から高速なブロードバンド回線に変更しています。
その結果、ビデオ会議システムだけで表情も確認でき、ホワイトボードに書かれた文字も共有できるようになりました。懸念されたタイムラグなども起きておらず、コミュニケーションに集中できています。ビデオ会議システムを導入したことで、コミュニケーションの課題を解決することができたのです。

「これまでは会議に出席できるのは、出張した一部のエンジニアだけにとどまっていたのですが、ビデオ会議システムを導入したことで、多くのエンジニアが会議に参加できるようになりました。専門的な質問に対しても、担当のエンジニアが回答でき、生産性も向上しています。また、業務上のトラブルが生じた場合も、すぐに会議を招集できるので、解決も速くなりました」と花田氏はビデオ会議システムのメリットについて説明します。
また、もう1つのメリットとして「電話だと相手の顔やしぐさを確認できず、英語を話せる社員でも“間”を持たせるのが大変でした。今は、考えている様子や資料を調べている様子なども映像で分かるので、会話しやすくなりましたね。ジェスチャーでも伝えることができるので、英語が苦手という社員でも、なんとかコミュニケーションできるようになりました。これは電話やメールではとても実現できなかったことだと思います」と、小峰氏はいいます。

今後の展開

拠点への横展開や、スマートデバイスを検討

ビデオ会議システムにより、コミュニケーションがスムーズになった昭特製作所様。今後は、「ほかの拠点にもビデオ会議システムの導入を検討しています。コストがあえば、タブレットやスマートフォンなどのモバイルのビデオ会議も検討していきたいですね」(花田氏)とのこと。

昭特製作所様 イギリス拠点との接続 イギリス拠点との通信もタイムラグなくスムーズ

経営会議や担当者同士のミーティングなど、ビデオ会議の活用の幅は広がっているといいます。海外を含めたサポートを行えるVTVジャパンは、海外展開している昭特製作所様にとって欠かせないパートナーといえるでしょう。

VTVジャパン 営業担当より

今回の導入にあたっては、日本とイギリスでビデオ会議を行いたいとのことで、ご担当者よりお問い合わせをいただきました。
本社(国内)主導でシステム導入を進めたいとのご希望がありましたので『海外テレビ会議導入支援プログラム』をご提案させていただいたところ、ご興味を持っていただきました。 弊社デモルームまでご足労いただいて比較デモをご覧いただき、お客様と一緒に機種選定を行うことができたと思います。
事例取材の際に花田様より、『率直に言って入れてよかったと思っている』という趣旨のお言葉をいただき大変うれしく思いました。
また、コストに見合った効果も出ていて利用頻度も上がってきているとのことで、引き続き昭特製作所様のコミュニケーションの活性化をお手伝いさせていただければと思っております。

システム構成

昭特製作所様ビデオ会議システム構成図
SCOPIA XT4200×2台 SCOPIA XT4200

今回導入したビデオ会議製品

関連情報

お問い合わせ・資料請求

  • Avayaビデオ会議システムカタログ無料プレゼント
  • Avayaビデオ会議システムデモ体験
  • テレビ会議Web会議FAQ
リンクサイト
  • VTVサイト
  • MCUサイト
  • Web会議サイト