導入事例

寿スピリッツ株式会社様

各種会議・打ち合わせにアバイアビデオ会議システムが活躍

ビデオ会議システムが国内外のコミュニケーションインフラに

業種
グループ子会社の経営管理・監督
製品
SCOPIA XT5000-720
製品
SCOPIA XT4300
製品
SCOPIA XT4200
規模
900名~
寿スピリッツ株式会社様イメージ写真

お客様のプロフィール

お菓子の製造・販売を主軸に展開している寿スピリッツグループは、国内外に18社(国内17、海外1拠点)のグループ会社を擁しており、その中には「ルタオ」 で知られるケイシイシイや、「山陰銘菓 因幡の白うさぎ」で知られる寿製菓なども名を連ねています。これらのグループ会社は密に連携しており、定期的に会議を行って います。そこで使われているのがVTVジャパンが提案するテレビ会議ソリューションです。

会社名
寿スピリッツ株式会社
事業内容
グループ子会社の経営管理・指導
所在地
鳥取県米子市旗ケ崎2028番地
設立
1952年4月
従業員数
936名(連結ベース)
URL
https://www.kotobukispirits.co.jp/

導入前の課題

  • -定例会議の開催場所が変更になったことで、社外取締役の移動が困難に
  • -各メーカーのビデオ会議システムの比較、持ち込みデモの実施が容易ではない

導入の決め手

  • -複数メーカーのビデオ会議システムを比較できた
  • -導入後の環境とほぼ同様の環境下でのデモができた

導入による効果

  • -同じ資料を共有しながら会議を進めることができ、より理解が深まる
  • -頻繁に行き来することが難しい離れた拠点や海外拠点とも、すぐにコミュニケーションがとれる

主な利用方法

  • -グループ経営会議・取締役会
  • -海外拠点を含む定例会議
  • -品質会議
  • -各種プロジェクト会議

寿スピリッツ株式会社
グループシステム統括部長 岡山 和作様にお話を伺いました。

  • 寿スピリッツ岡山様近影

導入背景

定例取締役会開催の対応手段として遠隔会議を検討

寿スピリッツ岡山様

寿スピリッツ様では、毎月取締役会の開催に合わせて、グループ経営会議を行っています。その会議には、グループ会社の社長や役員も参加するため、毎回40名ほどが集まるとのこと。これまでは本社を置く米子で会議が開催されていましたが、昨年から開催場所が東京に変わりました。

「会議の開催場所が変わることで、社外取締役の移動が困難なケースが生じることが想定されました。そのため、その対応手段を検討する必要がありました」と、グループシステム統括部長の岡山和作氏は語ります。

同社はこの課題を解決するために、遠隔会議システムの導入を検討しました。遠隔会議システムがあれば、東京と米子間での取締役会の開催が可能となるため、同社は、遠隔会議システムの導入に向けて具体的な検討を始めました。

まず考えたのが、安価で構築できるWeb会議システムでした。しかし、デモで試した結果、「実際に使ってみると、音声や映像の品質は、あまり期待できません。スムーズなコミュニケーションが困難だと判断しました」(岡山氏)。

次に同社が注目したのが、ビデオ会議システムです。一般的に、Web会議システムと比較すると、ビデオ会議システムは音声や映像の品質は高いと言われています。ただ、多様なビデオ会議システムが流通していることに加え、検証する際に専用機を持ち込む必要があることなどから、各システムを容易に比較できないことがネックになっていました。

導入の決め手

VTVジャパンの協力の下 米子-東京間での比較デモを実施。臨場感あるコミュニケーションを体験

寿スピリッツ様3拠点接続風景 3拠点を接続した会議風景

「そこで見つけたのが、VTVジャパン様でした。
ビデオ会議の専門ベンダーとして実績もありますし、何よりもマルチベンダーです。VTVジャパン様であれば、複数のビデオ会議システムを比較できるのではないかと考えたのです」(岡山氏)。

VTVジャパンではPolycom、Avaya、SONYなどの複数のビデオ会議システムを取り扱っており、比較デモも行っています。ビデオ会議システムを選定している企業にとっては、大変心強い存在といえるでしょう。

岡山氏は、早速VTVジャパンに連絡をとり、東京−大阪間のデモを体験することにしました。なお、デモについては岡山氏が体験した後、寿スピリッツ役員の出張日程に合わせて2回目のデモを実施。複数人でのデモを体感しています。
「実際にやってみて、違和感なく遠隔地の人とコミュニケーションがとれると感じました。そこで、取締役にもデモを体験してもらうことにしました。そのほうが、導入の承認が得られると思ったものですから…」(岡山氏)。

岡山氏は、VTVジャパン協力の下、実際の設置場所である米子と東京の会議室にビデオ会議システムを持ち込み、導入後の環境とほぼ同様の環境下でデモを行いました。ビデオ会議を体験した役員からは、「思った以上に臨場感を感じた」という声が上がったと言います。岡山氏の狙い通り、この役員会でビデオ会議システムの導入の承認が下りました。
 「承認されたら、すぐに行動に移さなければなりません。具体的には、次月の定例会議ではビデオ会議システムが稼働している必要があると考えました。そこで、急ぎ導入を進めました。デモ機の対応を含め、実際の導入までVTVジャパン社様の強力な支援のおかげで実現できました」(岡山氏)。

与えられた時間は短かったのですが、VTVジャパンと密なやり取りを重ね、導入は非常にスムーズに進みました。その結果、次月の取締役会までに、東京、米子、および千歳の3拠点にビデオ会議を導入することができました。
 「千歳の拠点については、グループ子会社として最初の導入となります。役員会でデモ体験したグループ会社の役員がその必要性を実感し、導入することになりました」と岡山氏は説明します。

東京・米子・千歳のほか、福岡・佐世保・台湾拠点にもビデオ会議システムを導入しています。千歳・東京・台湾の3拠点で毎週定例会議を開催したり、4拠点をつないだビデオ会議なども実施できるようになりました。

導入による効果

品質会議、各種プロジェクトでの業者様参加の打ち合わせにもビデオ会議が活躍

寿スピリッツ様接続風景 可動式ラックにテレビ会議システムを設置し、ケーブルやマイク類をひとまとめに保管

ビデオ会議のメリットは、顔を見てコミュニケーションできるというだけではありません。同じ資料を共有しながら会議を進めることができるのも、大きなメリットとなっています。また、台湾と日本というように頻繁に行き来することが難しいような距離であっても、すぐにコミュニケーションがとれる点も魅力で、導入後は非常に頻繁に利用されるようになったとのことです。
「先日、米子で開催した取締役会がありました。この会議に、日程の都合上、米子まで移動することができない社外取締役が、ビデオ会議システムを使って出席しています。これまでであれば、欠席となってしまうケースですが、ビデオ会議システムがあったから、参加することができたのです。その他、品質会議や各種プロジェクトの会議を始め、業者様が参加した打ち合わせなどでもビデオ会議を利用しています」と岡山氏。

同社では、より多くの拠点間でコミュニケーションを図れるようにするため、既存のビデオ会議システムに加え、PCやモバイルデバイスからの参加を可能にするクラウドサービスの導入を検討しています。ビデオ会議システムを導入するほどではありませんが、密なコミュニケーションを実現したいというニーズには十分な仕組みとなるでしょう。

ビデオ会議システムは、寿スピリッツ様のコミュニケーションインフラとなり、今後も社内外で広く活用されることが期待されています。

システム構成

寿スピリッツ様ビデオ会議システム構成図
SCOPIA XT5000-720×1台 SCOPIA XT5000
SCOPIA XT4300×2台 SCOPIA XT4300
SCOPIA XT4200×5台 SCOPIA XT4200

今回導入したビデオ会議製品

関連情報

お問い合わせ・資料請求

  • Avayaビデオ会議システムカタログ無料プレゼント
  • Avayaビデオ会議システムデモ体験
  • テレビ会議Web会議FAQ
リンクサイト
  • VTVサイト
  • MCUサイト
  • Web会議サイト